2007年06月10日

ガクッ

右足親指の腫れが治まらないので、先週整形外科へ。

木曜日にレントゲンを撮った限りでは、骨や関節炎では無いとの診断。場所が場所であることと、年齢から痛風の可能性を疑わない訳には行かないので、翌日の朝採血し、血液検査することに。その結果、尿酸値は7.3。その他、炎症等を裏付ける値も見当たらないとの事なので、「痛風の予兆の段階」であろうとの診断だった。

尿酸値が7.0以上で高値安定しているので、高尿酸値症である事には違いないので、おそらく出張中に普段より多く飲んだビールが悪かったのか...

幸運にも? 今だに、激痛も無いし、足が腫れ上がるということも無いけれど、暫くビールを止めるしかないか... でも、すでに随分気をつけてきたんだけどなぁ... ガクッ。
posted by てつ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44407500

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。