2006年07月28日

今週末...

今月もアッという間に月末28日。

明日はJ 第16節、アウェー甲府戦。前節、水曜日はウッチーからのナイスパスを達也が決めて勝ち点3をもぎ取ったけれど、決してナイスゲームとは言える内容ではありませんでした。高温、高湿の悪条件の下、連戦の疲れもあり前節同様タフな試合になると想像しますが、勝つしかないぞ! 頑張れ。

今週末はサッカーを一時忘れて、千葉フェスでブルーグラスに浸ります。

IMG_1259.jpg

車中は届いたばかりのこれらのCDを聞きながらテンションを上げて向かいます。 Sam Bushも良ったけど、Tim O'brien も期待した通り、素晴らしかった。 って、どちらもブルーグラスじゃない? そういえば最近”Classic Bluegrass”は全く聞いていないぞ...
posted by てつ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Manchester Utd のネタ2つ

その一

picsrv.manutd.com.jpeg

来期のユニフォームのスポンサーがVodafoneからAIGに替わり、昨日から全世界で発売が始まったそうです。アメリカ人のオーナーに替わり、こちらもVodafoneが消えました。随分シンプルなレトロ調デザインです。
続きを読む
posted by てつ at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

雨の熱海...

熱海.jpg

日曜日の早朝から熱海へ2泊3日で行って来ました。結局一度も海へ入れず、室内プール、温泉と料理でくつろぎました。お陰で、車が空いていたのは助かりましたが...

梅雨はいつ明けるの?
posted by てつ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

昨日7/9日...

その一
IMG_1111_1.jpg

ここで、2つ違いの弟 - どうでも良いけど40才、初婚 - の結婚式。 家族揃って出席。若い新婦のお母さんは泣いていましが、最近弟とは年に数回実家で顔を合わす程度の付き合いのせいか、自分はいたって冷静というか、淡々と式、披露宴が進行するのを眺めるだけでした。歳のせいか最近「感動」することがありません。 W杯もそうですが、瞬間的に「おっ」と思うことはあっても、「ジーン」とするとかいう気持ちになりません...

自分の娘の時はどう思うのだろうと一瞬思ったものの、昨日はその時のことを全く想像できませんでした。

兎に角、おめでとう。末永くお幸せに。

続きを読む
posted by てつ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

オーウェン手術成功

オーウェン手術成功(ニッカン)とありますが、英国Mirrorの記事には;

”ケガの状態から、ステッドマン医師は予備的な軟骨への損傷を治す手術しかできなかった。 オーエンは今回の傷が癒え、主要な靭帯の手術に入るまであと8週間待たなければならないと説明を受けた...."とあります。

あくまでMirrorという一流のタブロイド紙(?) の記事ですが... 最悪06/07シーズン全て棒に振る可能性もあるとのニュアンス。

オーエンの復帰が大幅に遅れるとなると, マクラーレン新監督のイングランドにとっては08の欧州選手権予選の不安の材料, 所属するニューキャスルはFW不足でローダー監督のウッシュリストのトップにはマンチェスターユナイテッドの退団が決定的なファン・ニステルロィの名前があるそうです。

先日英国の友人からのメールでは、「何でもオーエンの膝はすでに我々と同じ40代の膝らしい」とありましたが、元祖ワンダーボーイはまだ今年27歳。現役復帰できることを祈るばかりです。
posted by てつ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

ヒデ引退

そういうことだったんだ... 

少々驚きましたが、引退のメッセージを読んであくまで”我が道を進む人なんだなぁ”といのが特に彼のファンでもない小生の率直な感想です。

色々ありましたが、まずはお疲れ様。現在欧州のどこかにいるらしいけど、自分のHP上で引退を宣言してそのまま引退とは、彼らしいと言えば彼らしいけど、”名選手”の引退にしては少々寂しい感じがします。まだ29歳。若い時から色々と重いもの背負わされて...

ここ数年代表では口論する練習風景ばかり取り上げられて、楽しそうにプレーする姿があまり観られなかったのは残念でした。もしかしたらペルージャでプレーしていた頃が、一番楽しそうにサッカーしていたのかもしれませんね?

一方、 これで新しい日本代表は中田抜きで構成しなければならないことがこの時点ではっきりとしたことは、4年後を考えた時、良かったと僕は前向きに考えます。 

さて、川渕C様、いつお辞めるになるのでしょうか? 貴殿も「鮮やかでさわやかな」な決断を今すぐに!
posted by てつ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

イングランド敗退

応援していたイングランドは準々決勝で敗退。3時近くまで生中継で観た疲労感が残っています。 

心配と期待をしていたルーニーがレッド食らって一発退場したのが痛すぎました。前半から元気が今ひとつ無かったというか、もっとガツンと行っていれば... 10人で良く耐えてPK戦まで持ち込んだのは良かったけど、まさかランパード、ジェラードが外すとは... 明らかにランパードは自信が無いように見えましたし、ランパードが外した直後のジェラードの表情に勝利への執念というより「ダメだ...」というような雰囲気を感じました。

残念ですが、今回は最後までチーム自体に勢いが無く、ベッカムのFKで勝ちを拾ってきたような感じがありますので、順当な結果なのかも知れません。

アルゼンチン、ブラジルが敗れて、ベスト4はすべて欧州が残りました。

ドイツ vs イタリア
ポルトガル vs フランス

ここまでの内容からすると、イタリアとフランスが少し良いように思いますが、さてどうなるでしょうか。

さて、今日はこれから埼スタで13:00〜行われるレディース戦へ行きます。車で行くか、自転車にするかまだ迷っていますが...





posted by てつ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

今晩の楽しみ

今晩の3つの楽しみ。 

その一
11:00〜 GGR(テレ玉)
金曜日の11時はGGRを観る時間です。 ドイツ遠征の映像があれば最高です。 

その二
ビールを飲むこと。
今週はあまりの暑さに火曜日に一本発泡酒をを飲んじゃったけど、原則として”平日禁酒”を続けているので、金曜日の今日は飲んでま〜す。

今晩はこれを試しました。次から次に、あたらしいビールが発売されていますが、これは果たしたて残るか? 正直、私の舌には違いがよく分かりませんでした...


その三
ドイツ vs アルゼンチン戦
アルゼンチンがドイツに圧勝することを期待しています。 

kempes.jpg

アルゼンチンと聞くとマラドーナじゃなくて、まずケンペスが反応的に頭に浮かぶ私。自分の記憶に残るもっとも古く、もっとも印象が深いのが1978年の大会。 当時高校の部活でボール蹴ってました。 

パサレラ、アルディレス、背番号5のGK フィジョール..., アルゼンチンのだれか忘れましたが(パサレラ?)スパイクの紐を足首の上で結ぶのが珍しく、まねしたら紐が足に食い込んで痛いだけだったとか、アルゼンチン戦での凄まじい量の紙ふぶきやらを思い出します。 

あれから28年。 日本では高校選手権(大半が応援の生徒)と元旦の天皇杯決勝(勝ち進んだ企業の社員が動員されていただけですが)以外の試合はどれも観客席で閑古鳥が鳴いていた当時... 自分自身ワールドカップ自体がなんだかよく分かっていませんでしたし、日本代表にワールドカップに出場するチャンスがあるのかどうかもよく分かっていませんでした。 勿論、インターネットも無い時代ですし、海外の情報は”イレブン”か、ダイヤモンドサッカーしか有りませんでした。 

そういった状況からすると、今の日本代表や日本におけるサッカーの状況が当時とは全く異なることを実感します。 

それにしても、次の代表監督の件、サッカー協会は本当にだらしない。ジェフのサポが怒るのは無理無い話です。まずは川渕Cが失言の責任を取って辞任すべき。その上で、ドイツでの惨敗の分析はちゃんとして欲しい。 川渕CのJリーグにおける功績を考えると少々複雑な面がありますが、今回の件はそれらを全て帳消しにしても足りないくらい酷い話だとすら思います。 本当に「言っちゃったね」じゃ済まされない。
posted by てつ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

イングランド、プレミア日程

W杯はベスト8が出揃い、明日から準々決勝。 少々食傷気味でしたので、今週は全試合観た試合無しでハイライトだけでした... (本当は、単純に眠かっただけです。)  

今後の予想というより、個人的な希望としてベスト4に勝ち進んで欲しい4カ国は...

ドイツ vs アルゼンチン
イタリア vs ウクライナ
イングランド vs ポルトガル
ブラジル vs フランス

決勝は アルゼンチン vs イングランド でイングランド優勝!となることを秘かに祈っています。

イングランドはここまで試合内容が今一つですが、これから良くなると確信。ルーニーがそろそろ爆発してくれるはずです。(間違っても、審判に爆発しないことを祈りますが...) 次に当たるポルトガルはデコが出場停止(2枚目のイエローは気の毒でした)、C.ロナウドもオランダのディフェンダーに思いっきり削られて、太もも負傷していることはイングランドにとってはラッキーではないでしょうか。

一方で先週2006/07プレミアリーグの試合日程が発表になっています。 プレミアに初昇格を果たしたReading FC の日程はここ。遠くから静かに応援します。来シーズンこそ、一度はスタジアムで観戦できますように...

開幕戦は8/19 ホームで対Middlesbrough戦.  もしイングランドが決勝まで進むと、リーグ開幕戦まで40日足らずということになります。選手は本当に休む暇もありません。
posted by てつ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

憂鬱な週末...

2週続けて土曜日の朝9時半過ぎに歯医者で麻酔を打たれ... 今度の土曜日は今年2本目の抜歯... Jリーグ再開までには治療の峠を越したいと思いながら憂鬱な週末を過ごしました。 


オシムの言葉.jpg 川渕Cのオシム次期代表監督に関する失言。本当にポロッとなのか、演技なのかよく分からないのですが、オシムがもし引き受けなかったらどうするのでしょうか?そういう可能性はないということなのでしょうか? 兎に角、”お粗末”の一言です。

オシムが代表監督に就任した場合、代表チームを今ジェフでやっているように走らせるのでしょうか?代表合宿に召集した選手を走らせて鍛えるというのは、おかしな話のような気がしますが、Jリーグを闘う選手達がオシムに選んでもらいたいと以前より走りだしたら、Jリーグや代表が良い方向に向かう第一歩だと思います。

正式に就任が決まったら、この本買って読んでみようと思っています。


続きを読む
posted by てつ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

ブラジル戦

まざまざと見せ付けられた、ブラジルとの差。 試合前のエントリーで”たたきつぶされた方が良い”と書きましたが... 本当に厳しい現実です。

それにしても、今回の代表はどうしてこんなにコンディションが悪いのですか? 技術、戦術うんぬんの前に、基本的な走力・持久力でも負けていました。後半が始まった時点で先に点を取りに行く気力・体力がもう残っていなかったのか、前半頑張っていた中盤でのプレスが後半開始早々から無くなり... まるでブラジルの公開ミドルシュート練習に... ブラジルは2本決まったところで練習を終わりにしてくれ、あとはロナウドの居残り練習とパス回し...

ヒデは試合終了後ピッチにぶっ倒れて、何を想っていたんだろうか... 

伸二は高原と大黒が交代した時、何を想ったんだろうか...  

あくまでも結果論だけど遠藤を使う可能性が低かったならば、長谷部をベンチに入れて次のために経験をつませて欲しかった....

"たら・れば”、不満、不信... 今回の代表に関して思うこといろいろあるけれど、1次予選敗退という結果は予想していたし、自分としては極めて冷静に受け止めています。 

こういう結果になった以上、いろいろと立て直さないと。協会、審判、リーグ、マスコミ、そしてサポも。4年後南アフリカの舞台で代表を見たいならば...
posted by てつ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

ブラジル戦を前に...

いまだに日本に頑張って欲しいのか、ブラジルにボコボコにして欲しいのか上手く整理できない。どちらかといえば後者なのだが... ブラジル戦を前に思うことをダラダラと...

ブラジルが日本戦に主力組の何人かを温存するとかしないとかいうニュースを聞くたびに、日本と引き分け試合をする為の工作か?と勘ぐりたくなるが、実際、主力達の代わりに出場機会を得るブラジルの選手にとっては貴重なW杯での出場機会になるだろうし、出場すれば当然自分の最高のプレーをしようと張り切るだろうからブラジルの主力温存は日本にとってかえって状況を難しくすると予想。(ブラジルの”控え組”と”主力組”の間にどれくらいの差があるんだろうか?よくわからん。) 
続きを読む
posted by てつ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

クロアチア戦 感想

放送の中で最も印象に残ったのが試合終了後の12:05頃、誇らしげに画面に映る"Pride of Urawa"のダンマクでは...

昨晩のクロアチア戦の放送、テレ朝の映像を見ながら音声はFM NACK5を選択して”ううるさいだけ”の最悪テレ朝の実況放送を回避。沢登、城の控えめながら”まともな”コメントに”もっとストレートに言っちゃえよ!”と思いながら観戦。

対戦相手クロアチアの先日のブラジル戦の時とは比較にならない位精度、鋭さとを欠くプレー。ピッチの上は画面に映る以上に暑いのだと...  日本はオーストラリア戦よりはチャンスも多く作っていたけれど客観的にサッカーの試合として観れば酷暑の下、両チーム共にスピード、精度、イマジネーションに欠ける凡戦であったと評価されても仕方がない内容だった。

試合内容がどう評価されようと勝ち点3が必要だった日本だけど、オーストラリア戦に続き、残念ながら選手達の動きに”勝利への執念”を十分に感じることができず。

結局日本は;

- 3-5-2or4-4-2だの、FWの決定力がどうのこうのという前に体調管理を失敗し
- ただでさえ身長差、体格差のハンディがあるところに、想定外の暑さに体力、”キレ”を奪われ
- 試合当日の体調よりも、過去の実績や名前を優先する監督の判断により

自滅してしまったのでないか?

どうしても勝たなければならないと言う割には、”淡々”とやっていたように観える。”点を獲るぞ”とチーム一体で連動する瞬間も少なく... 相変わらず、つまらないミスを繰り返し...

これが現実か。
posted by てつ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

もう少しでクロアチア戦

もう少しでクロアチア戦。

4年に一度びっくりするくらい増えるサッカーファン、代表関連番組にウンザリしながら、今晩も自分の愛するクラブから選出された選手を中心に静かに応援します。 

画面から”勝利への執念”が伝わってくるプレー。今回の代表に期待するのはそれだけです。
posted by てつ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

完敗

完敗。 

速く、激しく攻撃できず、外連味たっぷりの先制点。
 
交代した選手が全得点を挙げたオーストラリアに対して、完全に消耗した選手達と心中したジーコジャパン。 

勝利の流れを工夫の欠けらも見られないお粗末な攻撃で相手に渡し、

GKの致命的な判断ミスから... 1-1 
中へクリアーしたボールを拾われフリーでミドルを打たれ... 1-2
最終ラインをドリブルで突破されて... 1-3
(点を取りに行くしかなく、 リスクを取ってDFを減らしたとは言え...)

身長差、暑さ対策、采配云々という前に、パス、 シュート、トラップひとつ、ひとつに気持ちが感じられない。

結果は残念といえば残念だけど, 試合前から特に熱くなる気持ちも無く、静かに観戦。

残り2試合。少しは熱くさせてくれ。
posted by てつ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

今晩日本戦。適当予想他

先週出張で...

7日 ナ杯準々決勝 第2戦 対フロンターレ
10日 レディース 対ベレーザ

に参戦できず。おまけにGGRの録画を忘れたところに、レディース戦はテレ玉で録画放送があったことを知りダブルショック。7日の敗戦は時差と移動の関係で現地木曜日の夜まで知ることができず。その試合内容が非常に悪かったということをRHBから皆さんのエントリーで知り, 何とも拳の落としどころが見つからず... 今更ながら、あぁ悔しい。残念。

続きを読む
posted by てつ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

Bolton Reebok Stadium

今朝9時前に予定より約25分早く到着。11時丁度に帰宅し、午後からイングランド戦を見はじめたら、寝てしまいました。

利用したヴァージンアトランテックの機長はイングランド戦の開始直後、”ベッカムのFKによって得点した”との情報と終了後に1-0で勝利したことを機内放送してくれました... イングランド戦は後日見ることにします。

下記はBolton Wanderers の本拠地Reebok Stadiumの写真です。
続きを読む
posted by てつ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

W杯開幕

W杯開幕。 

開幕戦のドイツ対コスタリカは4−2で開催国ドイツが勝利。ドイツは大事な初戦を勝ちましたが、最終ラインの裏をとられて2失点。守備陣はかなり問題があるように見えます。

続く、エクアドル対ポーランド戦は2−0でエクアドルが勝利。この試合の主審は川上上川さんでした。ポーランドはシュートがポストに当たる不運もありましたが、全体的に期待外れ。それに対してエクアドルは調子がよさそうです。
続きを読む
posted by てつ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

Reading 到着

Reading_1.jpg Reading_2.jpg

Reading に無事到着。ヒースロー空港からバスで約40分。Readingでオックスフォード行きのローカル電車に乗り換えて、三つ目の駅が今日の目的地。

今日の飛行機にすげーうるさい子供がいて、参りました。泣き叫ぶは、走り回るは、やりたい放題。特に注意もせず、半ば放ったらかしの親。こういうのは、本当に困る...


posted by てつ at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

完全に横を向いてます

ドイツとの親善試合に引き分けました。 だからといって、こんなに盛り上がっちゃっていいのかなぁ... 

その昔私が中高生の頃、全日本が欧州のチームとの対戦で得点をしようものなら「この1点で相手も本気になりますね...」みたいな実況がお決まりのようにあり、「なんだ、相手は観光のついでに試合やってんだ..」思ったものです。 試合をする前から相手は格上、日本は所詮、格下。 1点差の負けならば翌日の新聞は「大健闘」,「惜敗」... という時代が長くありました。

今回の報道や大騒ぎを見ていると、まるで遥か格上のドイツに格下の日本が大健闘したというニュアンスを感じるのは私だけでしょうか? 今回のドイツ代表はドイツ国内でもあまり評判良くなかったハズだし... むしろ、2-0から2失点した守備陣がもっと厳しく批評されるべきと思うのは厳しすぎるでしょうか?


続きを読む
posted by てつ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。